花ワン diary

千手ヶ浜「クリンソウ」

※ 当サイトの記事には、プロモーションが含まれます

冬のあしかがフラワーパークは藤なし、イルミネーションなしでも楽しめる!

栃木県のあしかがフラワーパークは、壮大な大藤の花と冬季の幻想的なイルミネーションで知られている。

f:id:hanawantan:20240106201430j:image

冬にここに来てそのイルミネーションを見ずに帰るのは恐らくあたしくらいだろう(笑)。

冬だから藤の花はもちろんお休み。

でも、藤が咲いていなくても・・・イルミネーションを見なくても

十分楽しめるのがここの素晴らしいところなんですよ。

f:id:hanawantan:20240106204407j:image

まず、冬の昼間のパークはとても静か。

土日も人でごった返すことはない。

f:id:hanawantan:20240106204106j:image

藤の代わりに冬の花々が控えめに、でも確かに存在感を放っている。

f:id:hanawantan:20240107204445j:image

冬咲きのボタンも迫力があって元気元気。

素晴らしいからこれは昼間の明るい時間に見てほしい😃

f:id:hanawantan:20240107210344j:image

500円でこれらの景色を楽しみながら 広いパーク内をのんびりと散歩。

あたしにとってはパラダイス❤️

f:id:hanawantan:20240107210402j:image

昼の部ではパーク内に入らなくても、お土産売り場や花売り場だけなら無料。

ただし、夜の部はどちらも有料となるので注意が必要。

15時に一度、全員退場させられちゃいます(笑)。

f:id:hanawantan:20240107210422j:image

15時半からが夜の部。

もう一度入るにはチケットを買うしかない😢

夜のイルミネーションは、2017年に日本三大イルミネーションに認定され、7年連続で全国1位を獲得しているほどの美しさ。

↓これは、夜のライトアップ前の写真。

藤棚にスタンバイされた電球の数にびっくり‼️

f:id:hanawantan:20240106201856j:image

これらが一斉に点灯する様子を想像してみてください。

f:id:hanawantan:20240106202133j:image

まるで星空の下にいるような幻想的な世界にうっとりするはず。

f:id:hanawantan:20240106202242j:image

ボタンもライトアップするよ。

f:id:hanawantan:20240106202643j:image

クリスマスには、ソリに乗ったサンタが訪れる。

女性や子供たちはきっと大喜びすると思う。

f:id:hanawantan:20240107205710j:image

個人的に好きなのが光のスイレン

これも夜の水辺で優雅に踊るのです🎶

f:id:hanawantan:20240106204428j:image

そして花好きさんにはたまらない。

花の販売コーナーが充実している。

f:id:hanawantan:20240107174110j:image

しかも安い(*'▽'*)

f:id:hanawantan:20240107174006j:image 

シクラメンはどれも300円。

f:id:hanawantan:20240106203118j:image

ベコニアは半額だった。

f:id:hanawantan:20240106203137j:image

ミニバラ1鉢500円。

f:id:hanawantan:20240106203208j:image

カラー1鉢500円。

f:id:hanawantan:20240107174022j:image

f:id:hanawantan:20240107174040j:image

クリスマスローズがずらり💜

f:id:hanawantan:20240107174131j:image

サクラ草も生き生き。

f:id:hanawantan:20240106203249j:image

あとは、お土産コーナーが充実しているのと、昨日アップしたジブリの世界も楽しめちゃう。

あっ、そうそう藤の花色にちなんだ「藤ソフト」もお試しあれ。

f:id:hanawantan:20240107215141j:image

昼間だけでもここは十分楽しめる。

だけど、やっぱり春には息をのむ大藤のトンネルを、そして冬には幻想的なイルミネーションを一度は体験してみたいですね😉

 


 

にほんブログ村 花・園芸ブログへにほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村