花ワン diary

千手ヶ浜「クリンソウ」

※ 当サイトの記事には、プロモーションが含まれます

【アルツハイマー】救世主になる?「レカネマブ」// 若年性認知症にも光💫要介護状態脱却/多剤内服/薬の中止/減薬

少し前に記憶力などが低下していくアルツハイマー病の新たな治療薬として「レカネマブ」が紹介されていた。

これは、日本のエーザイとアメリカのバイオジェンが共同開発したもの。

f:id:hanawantan:20230121083427j:image

これまで国内で使われてきた抗認知症薬は、飲んでも意味がない。効果がない・・・あたしはそう思ってきた。

認知症の薬を内服中の患者を日常的に沢山みているので

飲んでも何の変化もないじゃん。

飲んだってどんどん進むじゃんと思っている。

それどころか当地区には家族から物忘れの相談があると簡単に坑認知症薬を処方する医者がいる。

いつの間にかお薬手帳"メマリー”と書いてあったりするから驚く。せめて本人を診てからにしてほしい。

もっとも薬だけ取りに来る家族に医者も真剣に向き合う気などないのだろう。

とりあえず欲しけりゃ出すから試せば 程度なんだろうね、きっと。どっちもどっちだ。

ただでさえ高齢者は、多剤内服している人が多いのにまた薬が追加。それによる副作用とか悪影響が起きても医者は知らん顔。

責任なんか取りませんよ。薬を欲しがったのはあなたでしょう?と言われるだけ。

何かあっても"高齢だからしょうがない''で片付けられてしまう。

患者もその家族ももっと賢くならないとダメだと思う。

脳に作用する薬なんだもん個々人に合わせて副作用の観察を専門的視点のもとでしっかり行なっていかないと怖いでしょう?

例えば・・・副作用で眠れなかったり、怒りっぽくなったりしているかもしれないのに減薬の検討じゃなくて少し落ち着く薬を出してみようかとか言って眠剤や安定剤などがまたまた追加となる。

これを飲むことで今度は足がフ~ラフラ。

そして・・・転倒、骨折、入院、寝たきり。

入院すると認知症はさらに進むんだよ。

こんな悪循環になっていくことだけは避けたいね

 

話しは戻るけど・・・このレカネマブの最大の特徴は、

原因物質に直接働きかけて症状の進行を抑制するんだそう。

これがホントなら夢のような新薬だわ~^^。

f:id:hanawantan:20230122153033j:image

でも、一旦壊れた脳細胞は元には戻せないので壊れる前の早い段階で投与していくことが大事だそう。

早期に治療開始することがポイントらしい。

 

今や、5人に1人は認知症

最近は、若年性アルツハイマー認知症も増えている。

若い患者さんにこそ新薬で優先的に治療が開始できたらいいなと思う。

承認されなきゃ一般の人には高額過ぎて手が出せない。

レカネマブは点滴だから簡単に治療開始する訳にもいかない。

まだまだ高齢者には、色々とハードルが高そうだ。

 

でも、この薬が承認されて効果が出れば患者だけでなく、介護者にとっても介護負担の大幅な軽減につながっていくはず。

社会的にも生産性がアップしていくに違いない。

認知症の画期的な治療法になるといいな🤭。

沢山の人の希望につながっていくよう願いたい。

 


 

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村