花ワン diary

『カーペットカスミソウ』

※ 当サイトの記事には、プロモーションが含まれます

クッションファンデーションの使用について😅 肌への影響と衛生管理の重要性

今日は、娘が使用しているクッションファンデーションについて、私自身の意見を書きたいと思います。

つい最近もこんなの買ってきたんです⇩。

f:id:hanawantan:20240212174757j:image

クリスチャンディオールの『ディオールスキン フォーエヴァー クッションファンデ』。

クッションファンデーションは、現代女性にとって便利なメイクアイテムであることは確かです。

でも、私は買いません。

f:id:hanawantan:20240212211804j:image

ラグジュアリー感がさすがディオールって感じがして、惹かれるものは確かにあるけど、やっぱり買うのは躊躇してしまいます。

なぜなら、個人的にその使用について懸念を抱いているからです。

私が最も気になるのは、常に湿っているクッションです。

f:id:hanawantan:20240212174954j:image

この湿ったクッションからパフでファンデーションを取り、顔全体に塗布するため、パフは肌とクッションの間を行ったり来たりします。

このプロセスを繰り返すことが、衛生的な観点から考えると問題が大有りだと感じています。

パフは洗えますが、クッション自体は染み込んだファンデーションが流れ落ちてしまうため、洗うことができません。

f:id:hanawantan:20240212210044j:image

だから、クッションの清潔さを保つことはどうしたって無理なのです。

この構造が肌の健康と衛生上のリスクを増大させる可能性があると考えるのは私だけではないでしょう⁉️

 

この写真、斑点状に写っているものが全てパフについている菌だそうです。

f:id:hanawantan:20240212212957j:image

使用済みのスポンジ1個から、一般細菌は630個、カビ類の真菌は57個検出。

黄みがかっているものは、食中毒の原因菌としても有名な黄色ブドウ球菌

(試験検査/東京理化学 テクニカルセンター)

 

クッションファンデーションを使用する際は、少なくともパフの交換をひと塗りごとに行うことが重要だと思います。

f:id:hanawantan:20240212205632j:image

しかし、そうしたところでクッション自体が洗浄されず、湿った環境に置かれ続けるため、雑菌の温床となり繁殖してしまうことは避けられません。

その肌トラブルは、カビが原因かもしれませんよ。

女性が顔カビなんて嫌ですね😣

肌が敏感な方やアレルギーを持っている方は特に注意が必要です。

f:id:hanawantan:20240212210302j:image

20代から肌のケアを始めることは将来的な肌トラブルを予防するためにも重要だと考えます。

定期的な肌ケアや衛生管理は、美肌を保つために欠かせない要素です。

だから私はクッションファンデーションの使用には慎重になるべきだと考えています。

娘にも、この点を少し考え考てほしいなと思っています。

みなさんも、自身の肌の健康を第一に考えながら、メイクアイテムの使用にはご注意くださいね😉

 


 


 

にほんブログ村 犬ブログへにほんブログ村 花・園芸ブログへにほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村